忍者ブログ
最新ニュースから、話題の情報まで。ノンジャンルでいろいろ発信していきます。
Posted by - 2018.11.20,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by ark - 2010.03.07,Sun
 歴史的名牝の走りはもう見られない。ウオッカ(牝6歳、栗東・角居)がラストランに予定していた27日のドバイワールドC(UAEメイダン)を回避、そのまま引退することが6日、分かった。4日のマクトゥームチャレンジ・ラウンド3(メイダン)で8着に敗退後、運動性肺出血鼻出血を発症。谷水雄三オーナーと角居勝彦調教師が協議の結果、引退が決定した。7日、角居師が正式に発表する。

  ◇  ◇

 希代のスーパーヒロインを襲った、2度目の悲劇。常識を超えた牝馬・ウオッカの引退の日は、突如としてやってきた。

 8着に敗れた前哨戦のマクトゥームチャレンジ・ラウンド3。本番のドバイワールドCに向けて、雪辱を誓った直後のこと。レース後の上がり運動の途中で、右の鼻穴から出血が見られた。ごく微量とはいえ、2センチ差の激闘を制したジャパンCと同じ症状。運動性肺出血鼻出血を発症していることが判明した。

 右後肢蹄球炎のため、3歳時には凱旋門賞挑戦を断念。同年の秋には右関節ハ行により、エリザベス女王杯の当日に出走を取り消した。何度も挫折を乗り越えながら、7つものG1をコレクト。07年にはクリフジ以来64年ぶりに牝馬としてダービー馬の称号を得た驚異的なパワーは、比類のない精神力の強さに支えられていた。

 だが今回は違った。帰国した角居師は、6日の午後に谷水雄三オーナーと相談。熱のこもったトップ会談は、“引退”という二文字で両者の気持ちが一致した。

 2歳から毎年G1を勝ち続け、ファンに夢を与えてきた歴史的名牝。3年連続で有馬記念ファン投票第1位に選出されるなど、これほどまでに愛された馬はいない。常に全力でターフを躍動する姿に、どれだけの人々が救われてきたことか。もう十分だろう。我々はウオッカに、数え切れないほどの感動をもらったのだから‐。復活してほしいという願いは、胸の奥に閉まっておこう。

 ウオッカは数日後に、遠征先のドバイからアイルランドへ渡欧。当初の予定を繰り上げ、シーザスターズの花嫁として繁殖生活に入る。バブルの時代と一緒に華やかに舞ったのがオグリキャップなら、ディープインパクトは低迷する景気を吹き飛ばすようなスターだった。ウオッカは、どちらでもない。期待を何度も裏切りながら大舞台では劇的な演技を見せる、最高の女優だった。ありがとう、ウオッカ。そして素晴らしい産駒を産んでくれる日を、日本中が待っている。

女傑ウオッカ(牝6、栗東・角居)の電撃引退が6日、決まった。4日のマクトゥーム・チャレンジ・ラウンド3(G2、ドバイ・メイダン競馬場)で8着に敗れた際、レース中に鼻出血を発症していたことが判明。2度目の発症に谷水雄三オーナー(70)と角居勝彦師(45)が話し合い、ラストランの予定だった27日のドバイワールドCを待たずにターフを去ることとなった。今後は予定通り、昨年の凱旋門賞馬シーザスターズとの種付けのためアイルランドへ向かう。

 不屈の闘志で牡馬をなぎ倒してきた女傑に、突然の引退が訪れた。

 ドバイWCの前哨戦として行われた4日のマクトゥーム・チャレンジ・ラウンド3で8着後、厩舎周りで上がり運動をしているウオッカの右の鼻に少量の鼻出血が見られた。わずか2センチ差で制した、昨年のジャパンCのレース中にも発症したアクシデント。前回はJRAの規定により、レース翌日から1カ月の出走停止となって有馬記念を回避したが、2度目の今回はターフから別れを告げることになった。

 軽症とはいえ、口で息ができないサラブレッドにとって、レース中の鼻出血が慢性化すれば致命傷となる。27日の世界最高峰レース・ドバイWCをラストランに予定していたが、この日阪神競馬場で谷水オーナーに報告して話し合いを持った角居師は、努めて明るく前を向いた。

 「かわいそうだし、名誉のある馬。これ以上、成績も体も傷つけなくていいと、オーナーも同じ考えでした。残念だけど、ここまでよく頑張ってくれた。挑戦ばかりしてきたけど、G1を7つも勝ってくれて、すべてをかなえてくれた馬でした」。

 ちょうど3年前。この日行われたチューリップ賞を制した。当時3歳の天才少女は“挑戦”の扉を開け続けた。64年ぶりの牝馬によるダービー制覇、ダイワスカーレットとの死闘を制した08年天皇賞(秋)、復活Vを果たした昨年のジャパンC、そして3度にわたる海外遠征。出走すれば楽に勝てたはずの牝馬G1戦や国内路線にとどまらず、男馬や世界に挑み続けた。負けては立ち上がるチャレンジの連続だった。

 「最後は次の扉もあけてくれたのでしょうか。もっと頑張れとか、次は私を超えるような馬を作ってよとか…。心憎い馬でした」。角居師は消え入りそうな声になりながらも、しっかりと言葉をつないだ。

 今後は昨年の凱旋門賞馬シーザスターズとの種付けがアイルランドで待っている。予定より早い引退となったため、すでに英国経由での渡航便も探し始めた。「シーザスターズはいい種牡馬ですし、世界中から注目されています。どんな子を産んでくれるのか」。女傑ウオッカの走りは、次世代に受け継がれる。
マクトゥームチャレンジラウンド3 ウオッカ&レッドディザイア



ウオッカの活躍 ?涙を馬のたてがみに?

Qここでウオッカ引退関係の質問がいくつか出てますけど本当なんですか?無事に帰って来てくれるのは嬉しいですがちょっと残念です(´Д`υ)
A行った以上、故障、アクシデント等コンディションに支障なければ出走しないと反ってもったいない(≧ω≦)不戦敗となり、出走して負けるより不名誉だし、オーナーサイドからは経費的にも、可能性からも無駄になりそうですしね良くとれば、休み明けはダメな叩き良化型な傾向もありますし、チャレンジする方を選ぶでしょう。ウオッカ以上に勝ち目ある馬に関係者が再度出会うチャンスはないでしょうし…どんな馬でも角居師は海外狙うでしょうが、ファンの期待値が違います

Qウオッカがドバイでラストランを終えたら繁殖になるみたいですが、その前に引退式ってやるんですか?
A数年は日本に帰ってこないのでしないでほぼ間違いないです。

Q2005、2006年の競馬は楽しかったですよね。05はアドマイヤマックス、ラインクラフト、スズカマンボ、シーザリオ、になんといっても有馬記念でのルメール会心の騎乗!鳥肌立ちました。06はオレハマッテルゼ、メイショウサムソン、アドマイヤムーン、ロジック、カワカミプリンセス、ソングオブウインド、ドリパス、ダイワメジャー、ウオッカ、ドリームジャーニー、ヴァーミリアン、カネヒキリ、そしてディープインパクト引退レースの興奮は今でも覚めません!2005、2006は競馬の黄金期ですよね?
A2005年、2006年、いい年でしたね。でも個人的に群雄割拠を好む私からすると、極端に強いの(ディープ、サムソン?)がいた2005~2006年シーズンより、2003年あたりが好きでしたね。この年も凄いと思います。シンボリクリスエス、ネオユニヴァース、ヒシミラクル、タップダンスシチー、ツルマルボーイ、アグネスデジタル、ダンツフレーム、スティルインラブ、デュランダル、アドマイヤグルーヴ、ザッツザプレンティなどなど。この年の2歳勢は正直微妙ですが、宝塚記念のメンバーを見ると未だに鳥肌が立ちます。




花粉症の症状と予防・対策術

花粉症の主な症状から、その対策術・治療方法までお伝えしていきます



エフォートレス・マネー・ジェネレイター~無料であり得ないほど稼ぐ仕組み~

当ページでは、エフォートレス・マネー・ジェネレイターについて詳しく紹介しています。現在無料レポートをプレゼント中です♪


PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
カテゴリー
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ark
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]